不動産売却前にリフォームは必要?リフォームにおけるメリットから費用までご紹介

2022-04-18

不動産売却前にリフォームは必要?リフォームにおけるメリットから費用までご紹介

不動産を売却する際に、より売却しやすくするためにリフォームは1つの手段となります。
とくに売却する不動産が古家である場合では、リフォームが必要であると考える方は多いと思います。
では、実際にリフォームをすることで売却にメリットがあるのでしょうか。
この記事では、東京都足立区での不動産売却前にリフォームは必要なのか、リフォームすることのメリットや費用をご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームは必要?

結論からいうと、不動産売却前のリフォームは基本的には不要です。
しかし、部分的なリフォームはおこなったほうが良い場合もあります。
では、どのような場合にリフォームが不要または必要になるのでしょうか。

不動産売却前のリフォームが不要なケース

築年数が浅く室内も綺麗な場合、リフォームは不要です。
また近年では、築年数が経過していても、買い手側が好きなようにリフォームするのを好まれる傾向にあり、売り手側のリフォームは必要ないケースが増えています。

不動産売却前のリフォームが必要なケース

築年数が経過して劣化がみられる場合には、リフォームが必要です。
ハウスクリーニングや低額でできるリフォームをおこなうと良いです。
たとえば、水回りの汚れに対しては、ハウスクリーニングをおこなうと、内覧時に買い手に好印象を与えられます。
また、クロスや床材を修繕したり、ドアノブやスイッチカバーをリフォームしたりするだけでも買い手への印象が良くなります。
つまり、見栄えを少し良くする程度のリフォームです。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前のリフォームのメリット・デメリットとリフォーム費用

不動産売却前のリフォームのメリット・デメリット

不動産売却前のリフォームの最大のメリットは、早期に売却できる可能性が高くなることです。
不動産売却前のリフォームのデメリットは、リフォーム費用を売却金額に上乗せできないことです。
理由としては、不動産は内装や設備ではなく、築年数によって売却金額が決まるからです。
また、自分でリフォームしたいという買い手が多くなっている傾向があります。
この場合、リフォームをおこなっても、買い手の好みに合わないと購入希望者が減ってしまいます。
従って、リフォームすることがデメリットになるケースが多くなっています。

不動産売却前のリフォーム費用

リフォームにかかる一般的な費用は以下のとおりです。

  • フローリングの張替え(6畳):6~18万円
  • 壁紙の張替え(1平米あたり):950円~1,500円
  • トイレ:15~33万円
  • キッチン:50~150万円
  • 浴室全体:50~150万円

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

まとめ

不動産売却前のリフォームは基本的には不要ですが、築年数が経過して劣化がみられる不動産には、ポイントでリフォームするのが良いです。
不動産売却前のリフォームが必要か不要かについては不動産会社に相談して決めることをおすすめします。
私たち「株式会社ホームプラザ」は草加市、八潮市、三郷市を中心に幅広いエリアで不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-670-767

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ