不動産物件のリノベーションとは?費用やメリットをご紹介!

2022-05-07

不動産物件のリノベーションとは?費用やメリットをご紹介!

中古不動産の売却や購入をする際に注目したいのが、不動産のリノベーションです。
今回は中古不動産の価値を上げる、リノベーションについて解説します。
費用やメリットについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産におこなわれるリノベーションとは?

リノベーションとは、物件に新しい価値を与えるような改装工事をおこなうことです。
例えば、リビングと隣室の壁を壊し広々としたリビングにする、和室を洋室に変えるといったライフスタイルに合わせた改修をおこなうことです。
似た言葉としてリフォームがありますが、リフォームは傷の修復をして元の状態に戻す、原状回復工事的な意味合いで使われることが一般的です。
リノベーションとリフォームの違いはあいまいな部分が多いのですが、リノベーションは新しい暮らし方に合わせて、より快適な空間を作り出すための改装工事といえるでしょう。

弊社が選ばれている理由|ホームプラザ草加本店 お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産にリノベーションをおこなう際の費用はどれくらい?

リノベーション費用の相場

マンションのリノベーション費用は、15万円/㎡前後が相場です。
一戸建ての場合は、25万円/㎡前後が相場となります。
リノベーションをおこなう範囲が広いほど、費用は高くなります。
また大掛かりな改装や、設備や建材にこだわる場合も工事費用が上がります。
リノベーションする方に向けたリフォームローンを提供している銀行も多くあります。
不動産購入時にリノベーションする場合は、住宅ローンとリノベーション費用を一緒に借り入れできる住宅ローンもあり便利です。
次に不動産にリノベーションをおこなうメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

物件の価値が高まる
物件に付加価値がつくことで、物件の価値を高める効果があります。
中古物件であっても同じ築年数の物件に比べて印象も良く、早期売却へとつながります。
物件の価値が高まることにより、高値での売却も期待できます。
新築よりもコストダウンできる
新築で購入するよりも、中古物件を購入してリノベーションした方がコストダウンできるメリットがあります。
ライフスタイルに合わせた好みの部屋を、新築よりも安価で手に入れることができるでしょう。

デメリット

予想以上に費用がかかる場合がある
建物の劣化状態によっては予想以上の費用がかかる場合もあります。
また1981年5月以前に建てられた建物は、耐震基準を満たしていないことが多く、耐震補強で別途費用がかかるため注意が必要です。
売却までに時間がかかることもある
すでにリノベーションされた物件は、売主の好みが反映された不動産となっています。
そのため価値観の合う購入者が現れなければ、売却までに時間がかかることもあるでしょう。

弊社が選ばれている理由|ホームプラザ草加本店 お客様の声一覧

まとめ

不動産をリノベーションすることは、中古物件に新しい価値を与え、売却や購入にもメリットが生じる方法です。
デメリットも理解して、中古物件へのリノベーションを検討しましょう。
私たち「株式会社ホームプラザ」は草加市、八潮市、三郷市と中心に幅広く不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-670-767

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ