オーバーローンでも不動産売却はできる?調べ方と売却方法を解説

2022-04-18

オーバーローンでも不動産売却はできる?調べ方と売却方法を解説

不動産を売却したいけど、残りのローンはどうなるのか、売却価格よりもローンが多いのではないかと心配だと思います。
そこで東京都足立区にお住まいで、不動産売却を検討しておられる方に、オーバーローン状態でも売却は可能なのか、またその方法をご紹介いたします。

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンとは?不動産売却は可能?

オーバーローンとは、ローン残高が売却価格を上回ってしまう状態を言います。
たとえば、ローン残高が2,000万円あり、売却価格は1,000万円にしかならなかったケースです。
その理由としては、長期でローンを組んでいたり、高い利率でローンを購入していたり、土地の相場が下がった、などさまざまな理由があります。
反対に、売却価格の方が多くなる状態を「アンダーローン」と言います。
アンダーローンは売却することで、住宅ローンも完済できる点がオーバーローンと大きく違います。
では、オーバーローンの状態で、不動産売却をすることができるのでしょうか。
結論から申しますと、不動産売却することは可能です。
ただし、売却時にローン残高を返済する必要があります。
しかし、この方法は現実的ではなく難しいでしょう。
そこで、自宅はオーバーローンの状態なのか調べる方法と売却する方法を解説していきます。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるオーバーローンの調べ方

オーバーローンの調べ方の方法として以下の2つのことをおこないます。

住宅ローンの残債(残高)を調べる

借り入れ先の金融機関などから、借り入れ時や年末調整の時に届くローン返済計画書や残高証明書で確認することができます。
返済予定日時点での、ローン残高が記入してあります。

不動産の売却価格を調べる

家などの不動産の売却価格を調べるには、自分で調査するよりも、不動産会社などで査定してもらえば正確な価格を提示してもらえます。
東京都足立区周辺の不動産査定は弊社へご相談ください。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

オーバーローンの際に不動産売却なら「任意売却」

では、オーバーローンの状態で不動産売却するには、現金で残りのローンを返す以外に「任意売却」という方法があります。
任意売却とは借り入れ先の金融機関に承諾のうえ、オーバーローンの状態で売却できる方法のことです。
通常、ローンが完済できていない状態で売却することは金融機関にとってもデメリットしかありません。
しかし、競売により任意売却よりもさらに低い金額しか回収できない可能性もあるため、金融機関も任意売却を認めています。
任意売却は、通常の売却方法と変わらず、市場価格に近い状態で売却することも可能です。
任意売却後は、ローンの支払いが残る可能性はあるものの、大幅に債務を減らすことも可能です。
もし、ローン返済の滞りにより不動産売却をお考えならば、任意売却を検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

まとめ

オーバーローンでも不動産売却はできるのかご説明してきました。
オーバーローンの状態で不動産売却したい方は是非ご相談ください。
私たち「株式会社ホームプラザ」は草加市、八潮市、三郷市を中心に幅広いエリアで不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-670-767

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ