空き家を売りたい!「そのまま」「更地」のメリット・デメリットを解説

2022-02-12

空き家を売りたい!「そのまま」「更地」のメリット・デメリットを解説

空き家を売りたい場合に、そのままの状態で売るかそれとも更地にするかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。
東京都足立区で不動産売却をお考えの方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!そのままの状態で売る場合について

そもそも空き家とは

空き家の定義は、1年以上人が住んでいない状態の建築物のことを言います。

古家付き土地か中古住宅か

空き家をそのままの状態で売りに出す場合、古家付き土地か中古住宅、いずれかの形で売りに出します。
一般的には、築25年を過ぎている木造住宅は古家付き土地として、土地価格のみで販売することが多いです。
あくまでも目安ですので、どちらの形で売りに出すかは売主次第です。
では、そのままの状態で売るメリット・デメリットについてみていきます。

メリット

解体費用がかからない
更地にする場合には取り壊し費用がかかり、場合によっては高額になるためその支出が抑えられるのは大きなメリットの1つです。
固定資産税の負担が軽くなる
土地の上に家が建っていることで、土地にかかる固定資産税や都市計画税の負担が軽くなります。

デメリット

買い手が見つかりにくい可能性がある
残っている建物の状態によっては大規模なリフォームが必要な場合もあり、その際は購入後に費用と時間がかかります。
また、建物があることで土地の広さなどもわかりづらいため、買い手が付きづらくなる可能性があります。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!更地にして売却する場合について

更地にして売る場合のメリット・デメリットもみていきましょう。

メリット

買い手が付きやすくなる傾向にある
更地は住宅を新築したい買い手から人気があります。
空き家が残っているよりも更地のほうが流通性が高い傾向にあるため、早期に売りたいなら更地にしてしまった方が可能性は高いです。
メンテナンスの手間が省ける
空き家を残した状態ですと、売却するまで定期的に建物のメンテナンスをおこなう必要があります。
更地にすることでその手間が省けることはメリットの1つです。

デメリット

解体費用がかかる
更地にする場合には、解体費用がかかります。
費用については、構造などによりそれぞれ異なってきますが、30坪の木造住宅であれば90万円~150万程度見ておく必要があります。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

まとめ

空き家は放置してしまうとさまざまなトラブルの原因になりますので、使わなくなった空き家を売りたい場合は、なるべく早く準備を進めていきましょう。
私たち「株式会社ホームプラザ」は草加市、八潮市、三郷市と中心に他のエリアも含め幅広く不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-670-767

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ