不動産売却の流れとは?媒介契約や売却活動について解説!

2022-02-05

不動産売却の流れとは?媒介契約や売却活動について解説!

不動産売却を決断したら、次はどのような流れで売買契約まで進めていくのか気になりますよね。
スムーズに取引するためには、あらかじめ流れを把握しておくことが大切です。
そこで今回は、東京都足立区周辺で不動産売却を検討中の方に向けて、媒介契約や売却活動の基礎知識を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における媒介契約までの流れを解説!

不動産売却を決断したら、不動産会社に査定依頼をすることから始まります。
不動産査定は、はじめに物件情報を提出するだけで数時間から1日程度で結果がわかる簡易査定を見てから、現地調査をともなう本格的な査定を依頼するのが一般的です。
そして現地調査から、約1週間程度で査定結果が出るので、納得できたら不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約とは、不動産会社に売却を依頼するときに必ず締結する契約で、条件の異なる3種類から選択します。
専属専任媒介契約
1社のみと媒介契約を結ぶ方法で、自ら見つけた買主との契約(自己発見取引)ができないなどの制限がありますが、不動産会社から積極的なサポートが受けられます。
専任媒介契約
内容は専属専任媒介契約とほとんど同じですが、自己発見取引は可能です。
一般媒介契約
同時に複数の不動産会社に依頼が可能で、とくに制限がありません。
自己発見取引や数社に依頼がしたい場合は一般媒介になりますが、特段事情がなければ、売却期間の短縮が期待できる専属専任媒介契約がおすすめです。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れとは?売却活動の基礎知識を解説!

売却活動とは、物件情報のインターネット掲載や、顧客への紹介など、不動産会社が買主を見つけるためにおこなう業務です。
情報発信の効果が出ると、購入希望者から内覧希望の問い合わせが入ります。
内覧に売主の立ち会いが必要な場合は、土日を中心に予約が入るのでスケジュールを把握しておきましょう。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れとは?契約までにかかる期間を解説!

一般的には、査定依頼から売買契約までに、3~6か月程度かかるとされています。
しかし不動産の条件により売却期間は大幅に異なるため、長い場合は1年以上売れないケースもあるのです。
そのような場合は、不動産会社の買取という選択もあるのでご検討ください。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

まとめ

不動産売却の流れを知るために、媒介契約の種類や売却活動の内容を解説しました。
はじめての不動産売却は不安な点も多いと思いますが、お客様のご希望やご事情にあった方法を選択することで、スムーズな取引につなげることができます。
私たち「株式会社ホームプラザ」は草加市、八潮市、三郷市を中心に他のエリアを含め幅広く不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-670-767

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ