不動産売却の重要性とは?負動産にしないための解決法を解説!

2022-02-05

不動産売却の重要性とは?負動産にしないための解決法を解説!

不動産売却の機会を逃して、放置している空き家はありませんか?
そのような不動産をそのままにしておくと、気付かないうちに「負動産」になってしまうかもしれません。
そこで今回は、東京都足立区で不動産売却を検討中の方に向けて、負動産にしないためのポイントや解決法をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却において知っておくべき負動産とは?

負動産とは、所有していても利益が得られないどころか、利用していないのに税金や維持費がかかり、不利益をもたらす不動産のことです。
具体的には、相続した地方の空き家や、利用していないセカンドハウス、空室が多く利益がでない賃貸物件などがあります。
これらの負動産は、売却したくても買い手が見つからないなどの問題を抱えています。
負動産を富動産にするために、押さえておきたいポイントをみていきましょう。

今のうちに親族と相談しておく

相続が発生してから慌てて不動産売却を考えると、相続人同士のトラブルや、被相続人しか知らない情報があったりして、売却のタイミングを逃しがちです。
そうならないためにも、相続が発生する前から、相続後の方向性および、土地・建物の所有者や隣地境界線を確かめておきましょう。

現在の相場を調べておく

所有不動産について地域の相場を確認し、現在の価値を把握しておくことが大切です。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で不動産を「負動産」にしないための解決法とは?

負動産になる前にできる解決法をみていきましょう。

賃貸物件として再利用する

不動産売却ができなくても、以下のような用途で地域に需要がある賃貸物件として貸し出すという解決法があります。

  • 一戸建て型の有料老人ホーム
  • 自治体の公的活用
  • 地方移住者向けの住居
  • 古民家を売りにしたカフェ・レストラン

タイミングを逃さず不動産売却

不動産は築年数が経過するほど価値が下がるので、売却が可能なうちに売るのがベストです。
また相続してから買い手が見つからないことに気付いて、相続人が苦しむケースが少なくありません。
相続後に利用者が居ないことが明らかな不動産は、早めに手を打ちましょう。

買取を検討する

不動産が遠方にあってなかなか現地へ行けない場合や、早く売却したい場合は買取を検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|リビンマッチお客様満足度 第1位

\お気軽にご相談ください!/

不動産会社が物件を買い取るので、仲介よりも短期間で売却可能です。

まとめ
お客様の大切な財産を負動産にしないためには、不動産売却ができるうちに手放すことが重要だとわかりました。
今のうちから査定をおこない、不動産の価値を確かめておくと、相続が発生したときに家族が困ることはないでしょう。
私たち「株式会社ホームプラザ」は草加市、八潮市、三郷市を中心に他のエリアを含め幅広く不動産売却のサポートをしております。
弊社のホームページより、不動産査定依頼を受け付けておりますので、ご検討中の方はぜひご利用ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-670-767

営業時間
09:00~20:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ